街角ゆく人の傘の保ち方にイライラが止まらない

雨上がり、町ゆく人間たちが傘を持って普通に街路すがっていきます。
通常のコントラストですが、人間によっては、『その傘の保ち方はどうなん?』っていう人間もちらほら見かけます。

傘振ってあるく人間とか、自身は信じられません。
後ろをあるく人間に傘の陣頭が当たったらどうできるんでしょうね。
ちっちゃなキッズなら、大ケガですよ。
なんでそういうこと考えないで、傘振って歩けるのかがアンビリーバブルでなりません。

傘を傍らに持ってる人間もいますね。
後ろの人間に「半径何m上記飛びつくなよ」って言わんばかりでくやしいので、そういったやつには持ってる傘をわざとあててやります。
「お前がしてることはこういうことだよ」って知らしめるためです。
たいてい標的は睨んでしまうが、私も負けずに睨み返しますね。
危ない傘の保ち方してる人間が悪いと自身は思っているので、自分が悪いことしたとも思ってないです。

車両のの場合でぬれた傘を以外人間に向けて持つ人間は最も理解できないです。
自分がぬれたくないがために、以外人間をぬらすんですよ。
明らかにおかしいですよね。
車両のの場合はただでさえ騒動とか起きたら一大仕事場なんだから、もっと行儀を学んでほしいだ。

自身は傘は必須自分側に向けて持つし、手でしっかり上の部分を持っているので、人間に迷惑をかけていないつもりでいます。
自分がされたら不愉快ことは、絶対にしたいと思いませんし。
皆が『人間のふり見て、わがふり直せ』を実践したら、傘による災難は少なくなっていくんじゃないでしょうか。