DVDを劇場で確かめるならカラフル行いフォトを友人と観てみた

画像をDVDで家庭で見る人は多いと思います。私もそのはじめ人だ。近年はテレビも壮大化しメロディーもよくなりステレオからくりも付いているので容積を引き上げると相当なすさまじさになります。
しかし劇場(画像館)にはかないません。わたしが劇場で見分けるのはごと見事動作画像だ。従前なら『007関連』最近ではブルース・ウイルスの『ダイ・ハード』関連やジェイソン・ステイサムの『アドレナリン』関連などだ。その他にもCGを駆使した動作大作など色々あります。到底人間では不大丈夫な動作風景が画像のしている時では次から次へと流れます。大スクリーンディスプレイと大容積サラウンドに圧倒され、本物にしか見えないCG風景。異平均の業界に引き込まれます。まさに自分がヒロインになった気持ち分だ。これぞ画像という喜びと感動です。
画像が終わって外に出ると何か急に真相世間の戻ったような気持ち分になるのが大好きです。家に帰り着きTVを見ると、なんかショボいなあ!と受けとるのも好きです。これはやっぱり劇場でごとすさまじさの画像を見たからこうなるのです。実際普通のドラマ画像や夢物語やSFやホラー画像ではこういう気持ち分は味わえません。
このように家で見る画像と劇場で確かめる画像と分みたいしてみるのも楽しいものです。
いまプロテインと一緒にDCCというサプリメントを飲んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です